通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 天体カタログ
グリーゼ近傍恒星カタログ
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:グリーゼ-きんぼうこうせい-カタログ
外語:Gliese Catalogue of Nearby Stars
品詞:名詞

地球より25パーセク以内にある恒星などを集めた天体カタログの一つ。

目次
概要

ドイツの天文学者ヴィルヘルム・グリーゼ(Wilhelm Gliese)によって作られた、近距離恒星(近傍恒星)を集めた天体カタログである。

数々の改訂により多くの天体を収録するようになっているほか、近年の系外惑星探査では近傍恒星を観測することが多いことからよく参照される天体カタログとなった。

グリーゼのカタログでは符号として「GL」「Gl」「GJ」を冠して記載されているが、各々番号は重複しないようになっている。なお、当初のカタログ(GLまたはGl)の天体については、英語では「Gliese」、日本語では「グリーゼ」を使って表記することが多い。

補則
収録天体

原則として恒星を収録する。

赤色矮星が多いが、主系列星も当然含まれる。

実際には恒星ではないが、白色矮星も含まれている。

規則

現在、一般的な使われ方としては、3桁までは「Gliese」または「グリーゼ」、4桁のものは「GJ」を冠することが多いが、4桁でも「Gliese」または「グリーゼ」とすることがある。逆に「GL」「Gl」は略して書く場合以外はあまり使われていない。

連星系の場合は、何も附さない場合はその星系を表わし、英大文字でA/B/C…などを附すと、その星系での各恒星を表わす。

惑星は英小文字でb/c/d…などを附す。連星系の恒星の惑星の場合も同様(例: Ab、Bc、Cd/Ce/Cfなど)。

沿革
主な天体

グリーゼ近傍恒星カタログは、第3版時点で3,800以上の恒星を含む。

星の数ほどあるため、以下はそのうちの代表的なもののみを示す。既知の伴星も併記する。

1桁2桁
100番台
200番台
300番台
400番台
500番台
600番台
700番台
800番台
900番台
1000番台
3000番台
リンク
用語の所属
天体

関連する用語
近距離恒星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic