通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 炭化水素 > 芳香族炭化水素
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 名称 > 中枢神経系用薬(11) > その他(119) > 幻覚剤
トルエン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・溶媒溶剤編 (NSUBNS)
読み:トルエン
外語:toluene
品詞:名詞

芳香族炭化水素の一つ。シンナーの主成分。別名、メチルベンゼン、トリオール。

目次
物質の情報
基本情報

トルエン
トルエン

誘導体、関連物質の例
物質の特徴
安全性

適用法令

危険性

強酸化剤と激しく反応し、火災や爆発の危険性がある。


有害性

環境影響
物質の性質

シンナーの主成分で、ペンキなどの溶剤に使われる。また、ドラッグとしても利用可能で、これをアンパンなどと俗に呼ぶ。常習性があるため取り扱いは要注意。

トルエンを吸引すると神経が抑制され、ラリった状態になる。常用すると幻覚や妄想などの精神障害を来す。

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
化学物質評価研究機構 既存化学物質安全性(ハザード)評価シート
用語の所属
芳香族炭化水素
溶剤
揮発性有機化合物
関連する用語
シンナー
TNT
ラリる

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic