通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物 > 食品 > 食品分類 > 農産食品 > 果実
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > 新エングラー > 単子葉植物綱 > ショウガ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > APGII > 単子葉類 > ツユクサ群 > ショウガ目
バナナ
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:バナナ
外語:banana
品詞:名詞

バショウ科バショウ属の多年草。木に見えるが、実は草。その果実が世界的に愛食されている。

目次
情報
分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。


新エングラー分類法

クロンキスト分類法
生態

原産地は熱帯アジアやマレーシア周辺。

果実はトリプトファンが豊富。

現在、食用として栽培されているバナナは種のない品種である。しかし、バナナの草は一度しか実を付けない。実をつけた後、生殖できない三倍体のバナナは、根から吸芽と呼ばれる子株を出して枯れてしまう。

それを再び人が植えて増やしてゆくことになる。従ってバナナはクローンということになる。

特徴
産地

日本に輸入されている7割はフィリピン産である。

2割がエクアドル産、残りが台湾支那大陸産である。

バナナの種

ちなみに、普段栽培され、食べられているバナナは種が無い。

元々のバナナには種があったが、種は小豆程の大きさがあり、実の中にびっしりと詰まっているため食べるところが殆どない。

この元々のバナナの染色体は普通の二倍体であるが、種なしは突然変異で出来た三倍体である。三倍体は種が出来にくいので、食べやすいバナナになった。

三倍体

動物の場合、染色体異常が生じると遺伝子病となり、正常に生育できない。しかし植物のように下等な生物では遺伝子を増やして三倍体や四倍体にしても生存可能なのである。

バナナの場合、まず、次の二種類が原種とされる。

それぞれ、本来の染色体は二倍体である。ここでは、acuminataの染色体をAA、balzakbisianaをBBであるとする。

この時、AAA、BBB、あるいはAとBが混在して三倍体とすると、減数分裂で染色体が正常に分配されず胚発生が起こらない不稔(繁殖能力がない)となり、種子が作れない。従って、種なしバナナとなる。

世界で多く生産され、日本も輸入している良く見るバナナは染色体がAAAとなるキャベンディッシュ種である。

リンク
用語の所属
植物界
被子植物門
関連する用語
フィリピン共和国
台湾

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic