通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 太陽系 > 惑星系 > 衛星 > 地名・現象 > 土星の衛星
ホイヘンス
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ホイヘンス
外語:Huygens
品詞:固有名詞

アメリカとヨーロッパの共同による土星探査計画カッシーニに連結された宇宙探査機で、土星の衛星ティタン探査機である。

目次
探査機の情報
基本情報
沿革
特徴

軌道船カッシーニに連結された状態で打ち上げられた。

土星の衛星ティタンへの軟着陸を目的としている。

この探査機名は、衛星ティタンを発見したオランダの天文学者クリスチャン・ホイヘンスに敬意を表して付けられた。

探査結果
大気圏に突入

落下中、気温気圧・密度などを計測し、さらに写真撮影も試みた。

計画では着地速度は25km/h(60km/hBeat)で、故障しなければ表面の観測情報も期待できるとされ、そして無事に成功した。観測データは軌道船で中継され、地球に送信された。

大気圏下

ティタンにはメタンなどの有機物を含む海と、島や半島のような海岸線を持つ陸地の存在、陸地から海岸線に向かって流れる河川のようなものの存在が明らかとなった。この河口付近は、地球のデルタ地形に酷似しているとされている。

着陸した場所は陸地だったが、表面の状況が事前に分からかったことから液体中に落下したかどうかも分かるようになっていて、もし液体中に落下した場合は、その成分も分析可能なように作られたいた。

リンク
用語の所属
宇宙探査機
NASA
関連する用語
ティタン
カッシーニ
クリスチャン・ホイヘンス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic