通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > 脂質 > カルボキシル基(脂肪) > 脂肪酸 > 飽和脂肪酸
ミリスチン酸
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・脂肪酸編 (NSUBNAF)
読み:ミリスチンさん
外語:myristic acid
品詞:名詞

有機酸(カルボン酸)の一つで、炭素数14で直鎖の飽和脂肪酸。飽和脂肪族モノカルボン酸。

ココナッツ油(椰子油)、牛脂などの成分。

目次
物質の情報

ミリスチン酸
ミリスチン酸

常温常圧では、白色の蝋状の固体。

誘導体、関連物質の例
物質の特徴
安全性

危険性

有害性

環境影響
主な用途

ナトリウム塩(ミリスチン酸ナトリウム)が石鹸に使われる。炭素数12のラウリン酸より水溶性が劣る弱点はあるものの、発泡力や泡の持続性がよく、肌への刺激も少ないとされる。

リンク
用語の所属
カルボン酸
脂肪酸
飽和脂肪酸

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic