通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > アナログ部品 > 真空管
二極真空管
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:にきょく-しんくうかん
外語:diode
品詞:名詞

電極数が二つの真空管のこと。通称は「二極管」または「ダイオード」。

目次
概要

プレート(アノード)とカソードが存在する、最初に開発された真空管である。

プレートからカソードに流れる電流の調整はできないが、電流はプレート→カソード(電子の流れはプレート←カソード)の一方通行であり逆には流れないため、整流に用いられる。

現在使われる、同名のダイオードという半導体部品は、同じ機能を持っていることから、呼ばれるようになった。但し、機能と名前は同じだが、その機構は全く違う。

特徴
由来

1883(明治16)年にトーマス・エジソンが「エジソン効果」を発見し、これを元に、1904(明治37)年にフレミングの手によって発明された。

二極真空管の整流作用は無線の検波に利用されるようになり、これが真空管の無線への応用の始まりであった。

代表的な管
リンク
用語の所属
真空管
関連する用語
ダイオード
アノード
カソード
三極真空管

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic