通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 毒物
内分泌撹乱物質
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ないぶんぴつ-かくらんぶっしつ
外語:endocrine disrupting chemicals
品詞:名詞

動物の生体内に取り込まれると、正常なホルモンの作用に悪影響を与える外因性の物質のこと。

ヘキサクロロシクロヘキサン(HCH)、エチルパラチオン、カルバリル、クロルデン、1,2-ジブロモ-3-クロロプロパン(DBCP)、DDT、DDE、DDD、ケルセン、アルドリンなどの、有機燐系や有機塩素系の殺虫剤が主である。他にポリ塩化ビフェニール(PCB)のような工業で使われる物質もある。

一般に農薬として広く使われ、虫も喰わぬような野菜人間が食べつづけ蓄積したこれらの物質は、やがて体に異常をきたすのである。

リンク
関連するリンク
内分泌かく乱作用を有すると疑われる化学物質
関連する用語
環境ホルモン
有機燐化合物
DDT
ホルモン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic