通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 無機物 > 鉱物・結晶・宝石
大理石
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・鉱物編 (NSUBNM)
読み:だいりせき
外語:marble
品詞:名詞

石灰岩からなる石材の一般名称。白色または淡青色である。

目次
概要

西洋においては、古代より建築物や彫刻などに使用されている。

日本でも、国会議事堂などは大理石で建てられている。

特徴

日本でも各地で産出される。建築などにも使われているが、多くは粉砕し炭酸カルシウムとして使われている。

天然に産出するものは大半がカルサイト(方解石)である。天然の石灰岩には、花崗岩程ではないが自然放射能としてカリウム40(40K)、ウラン235(235U)、トリウム232(232Th)などの放射性物質を微量に含んでいるため、放射能がある。

リンク
関連する用語
石灰岩

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic