通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術
対称型マルチプロセッシング
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:たいしょうがたマルチプロセッシング
外語:SMP: Symmetric Multi Processing
品詞:名詞

全てのマイクロプロセッサーが対等で対称的に動作するマルチプロセッサー環境のこと。英略で「SMP」ともいう。

目次
概要

システムバスや物理メモリーを複数の同等のプロセッサーが共有するシステムである。

全てのプロセッサーは同等の処理を行なうことが可能で、OSはこれらプロセッサーに対し均等に処理を振り分ける。

特徴

SMPにおいては、原則として全てのプロセッサーが対称である。しかし実際のコンピューターシステムではその設計の都合により、ハードウェア割り込みなどの処理はある特定のプロセッサーに依存させることが多いため、厳密な意味で対称にはなっていない。

加えて、SMPには対応したOSが必要である。しかしコンピューターが起動直後にはOSは動いていない。つまり、BIOS ROMに置かれたIPLが動作している段階ではシングルプロセッサーの頃と同様、ある特定のプロセッサーのみが動作している。

リンク
用語の所属
分散コンピューティング
関連する用語
マルチプロセッサー
マイクロプロセッサー
symmetric
非対称型マルチプロセッシング

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic