通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造
星間物質
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:せいかんぶっしつ
外語:interstellar matter
品詞:名詞

宇宙空間真空ではなく、塵やガス、イオン等が存在する。このような物質を星間物質という。

目次
概要

星間物質には、気体状態の星間ガスと、固体状態の星間塵(宇宙塵)がある。

星間物質には低温になっているものがあり、これを仮に温度30K(-243℃)とすると、ここから100μm程度の放射(赤外線サブミリ波)があるので、地球からは電波望遠鏡によってこれを観測することになる。

特徴
星間ガス

星間物質の多くはガスとして存在しているが、これらは水素ヘリウム酸素などの軽い気体元素からなる。

星間塵

星間塵は珪素炭素、あるいはなど金属元素からなる。

リンク
関連する用語
星間分子雲
星間風
黒体放射

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic