通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 >
時間
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:じかん
外語:time
品詞:名詞

時と時の間(=時間)のこと。概念的に、時の流れを表わす。

目次
用法

日本語で「時間」と言った場合、幾つかの意味、用法が存在する。

  1. ある時刻と時刻の間となる時。
    • (例) 駅からの「時間」は徒歩5分
  2. ある事象のために便宜上作られた一定の長さの時。
    • (例) 本学の授業の「1時間」は45分間、その後休憩10分間です。
    • 学校によっては「時間」だと紛らわしいということで「校時」という語を使うこともある。
  3. 時間((1)または(2))の長さの単位。
    • (例) 「3時間」くらい勉強した。
  4. 時間帯のこと。
    • (例) 日本時間
  5. 時刻のこと。(本来は誤用)
    • (例) 今の「時間」は3時半です。
物理学
特殊相対性理論

物理学、特に特殊相対性理論においては、時間は空間に相対するものと説明される。

量子力学

量子力学では時間で反粒子の説明が可能で、通常の粒子(物質)は「時間を順行」するが、反粒子(反物質)は「時間を逆行」している、と説明される(CPT定理)。

CPT定理では、物理法則をC(チャージ)、P(パリティ)、T(時間)という3次元の軸で表わすが、うち反物質とは、T軸が180°反転しているものとして扱う。これは、時間軸として見た場合には互いに反射(鏡映)であるということである。

リンク
関連する用語
時刻

特異点
時空
空間

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic