通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > 新エングラー > 双子葉植物綱 > 古生花被植物亜綱 > バラ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > クロンキスト > モクレン綱 > バラ亜綱 > バラ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > APGII > 真正双子葉類 > 基幹真正双子葉類 > バラ群 > 第1真正バラ群 > バラ目
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:うめ
外語:plum
品詞:名詞

バラ科サクラ属の落葉小高木。および、その果実。

目次
情報
分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。


新エングラー分類法

クロンキスト分類法
生態

日本では3月前後に咲き、春の訪れを告げる花である。

特徴

原産は支那。奈良時代に遣隋使あるいは遣唐使が支那から持ち帰ったものとされる。

花を観賞するほか、その実を梅干しや梅酒などの食用として使う。

万葉集の頃は白梅、平安になると紅梅が愛でられたが、その後日本人の感心はに移って行ったようである。万葉集では百首以上が詠まれており、植物では萩に次いで二番目。

日本でも、梅を府県花や市区町村花とする自治体は多い。全国の天満宮は、道真が愛した梅を紋として使用しているほか境内に梅の木が植えられ、京都・北野天満宮では毎年正月の縁起物として境内1500本の梅の木から摘み取られた梅の実で作られた神饌の大福梅が参拝者に授与されている。

また、台湾は梅を国花としている。

リンク
関連する用語


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic