通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > > 14族 炭素族
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > 周期 > 第2周期(3〜10)
炭素13
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編上 (NELEMN1)
読み:たんそ-じゅうさん
外語:13 C
品詞:名詞

炭素同位体の一つ。

目次
情報
概要

炭素の安定核種の一つ。恒星の中では、第一世代の恒星が作った炭素12を種に、第二世代の恒星以降がCNOサイクルで作り出す。

ただし、CNOサイクルではその後水素1と融合して窒素14を作ってしまうため、全体に占める量は少ない。

天然には、他に安定核種の炭素12と、放射性同位体の炭素14がある。

生物が作った有機物は炭素13と比べて炭素12の割合が高く、岩石などの痕跡による研究でも、生物の痕跡がある箇所では炭素12の割合が高まることが知られている。

地球外生命体の研究でも、炭素の同位体比は調査の対象である。

特徴

CNOサイクルでは、次のような反応で作られる。

13Nは、半減期9.965秒でβ+崩壊し、13Cになる。

リンク
用語の所属
炭素
同位体
13

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic