通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > > 14族 炭素族
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > 周期 > 第2周期(3〜10)
炭素14
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編上 (NELEMN1)
読み:たんそ-じゅうよん
外語:14 C
品詞:名詞

炭素同位体の一つ。自然放射能の一つ。

目次
情報
概要

炭素の放射性同位体である。全炭素中、1.2×10−10%、つまり0.00000000012%存在する。

鉱物などに含まれる炭素14(14C)を用いた年代測定「炭素年代測定」がよく使われている。

なお、炭素の半減期は約5730年であるが、炭素法では国際的取り決めにより半減期5568年として計算することになっている。

特徴
崩壊

半減期は5730年で、β崩壊する。

その殆どはβ崩壊し、電子(β粒子)と反電子ニュートリノ( ̄(ν)e)を放出して、窒素の安定核種である窒素14(14N)になる。

生体への影響

科学技術庁告示第五号 平成十二年科学技術庁告示第五号(放射線を放出する同位元素の数量等)における、炭素14の実効線量係数(ミリシーベルト/ベクレル)は、次のとおりである。

つまり、有機物で10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.0058ミリシーベルト(5.8マイクロシーベルト)である。

生成

核分裂核融合で生じるのではなく、中性子との反応によって生じる。

太陽のような恒星中でももちろん生じているが、地球でも大気中にて生じており、このため半減期はさほど長くはないにも関わらず、地球上に存在している。

地球には、宇宙から常に宇宙線が降り注いでいる。これによって大気圏上空では様々な反応が生じており、この反応中に発生した中性子と、大気中の窒素が反応し、炭素14が生じる。

14N + n → 14C + 1H

この反応で、陽子と中性子が入れ替わる。

リンク
用語の所属
炭素
同位体
15
関連する用語
自然放射能

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic