通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物理 > 現象・状態
爆発
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ばくはつ
外語:explosion
品詞:さ変名詞

化学反応や相転移、核反応などにより発生したエネルギーが一挙に放出されること、またはその現象。

目次
概要

爆発の際には、しばしば閃光、音響、衝撃波などを伴う。

兵器では、しばしばこの爆発が使われている。

日本の芸術家、岡本太郎によれば、「芸術は爆発だ」。岡本太郎が没した日には、関東上空で隕石が爆発した。

特徴
爆弾

人為的にこの爆発を起こさせるものを爆弾などと言う。

このエネルギーを受けた周囲の物体は、それを受け止めて破壊されるか、耐えるか受け流すしか無い。しかし爆弾の爆発によるエネルギーは非常に大きいことから、防壁や装甲、避弾径始など、予め爆発を受けることが考慮されていない限り、至近距離であれば確実に破壊される。

天体の爆発

宇宙では、天体が頻繁に爆発現象を起こしている。発生の予測が出来ないことから観測が困難ではあるが、様々な方法で観測が続けられており、爆発現象の解明のための研究が進められている。

爆発の理由などがまだ未解明のものも多い。

リンク
関連する用語
爆発物
きのこ雲
爆弾

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic