通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 消化系
結腸
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:けっちょう
外語:colon
品詞:名詞

大腸の大部分を占める部位。

目次
概要

人間の大腸は全体で約1.5mとされており、その中で結腸は約1.3m程度を占める。

糞便は結腸の中を行ったり来たりしながら、徐々に形を作ってゆく。結腸の前半では水分電解質の吸収を主に、そして後半では糞便の貯留などを主に行なう、といった、ある程度の役割分担のようなものがある。

特徴

結腸は4つの亜部位に分けられている。

このうち上行結腸と横行結腸の前半までが機能の前半、横行結腸の後半以降が後半である。

盲腸と接続してから、上行結腸、横行結腸、下行結腸となり、S状結腸で直腸と接続する。うち、横行結腸とS状結腸には結腸間膜がある。

リンク
用語の所属
消化系
消化器
消化管
大腸
関連する用語
盲腸
直腸

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic