通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 単位 > 温度
自然科学 > 物理 > 熱力学
絶対零度
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ぜったいれいど
外語:Absolute zero
品詞:名詞

絶対温度で、0度のこと。温度の最低であり、これより低温は存在しない。

目次
概要

シャルルの法則によると、理想気体の温度によってエントロピーエンタルピーが変化する。温度を下げることにより、この両者は減少するが、やがて最低値になる、温度の下限の存在が導かれる。それが絶対温度における0Kであり、絶対零度と呼ばれている。

温度の最低限が存在するため、これを基準として温度目盛りを振ることによって温度を定義することができる。

特徴

古典力学では、エネルギーが最低の状態になるため、原子の振動は完全に停止状態となる。

しかし量子力学においては、不確定性原理によって原子の振動が止まることはなく、絶対零度であっても揺らぎながら振動することができる。すなわち、絶対零度でも固体にならず、液体のままでいることも可能であることを意味する。

実際、大気圧下ではヘリウムは絶対零度でも凍ることはなく、液体のままである。

リンク
用語の所属
温度
絶対温度

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic