通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 種類 > 恒星
赤色超巨星
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:せきしょくちょうきょせい
外語:red supergiant
品詞:名詞

超巨星のうち、表面温度が低いために赤く見える恒星。または、赤色巨星だが、半径が太陽の数百倍あり光度が太陽の数万倍以上あるもの。

目次
概要

赤色超巨星は老齢で死が迫った恒星であり、不安定で脈動変光星となっていることが多い。

やがて超新星爆発を起こして、中性子星ブラックホールになると考えられている。

特徴

HR図では右上に属し、主系列から離れている恒星である。

次のような天体がよく知られる(順不同)。

リンク
用語の所属
恒星
関連する用語
赤色巨星
ソーン・ジトコフ天体

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic