通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 動物界(後生動物)
鳥類
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・動物編 (BBNA)
読み:ちょうるい
品詞:名詞

脊索動物門のなかの鳥綱に属する動物の総称。

目次
概要

約2億年前、爬虫類である恐竜のうち、竜盤目に属する獣脚類から進化して登場した。

竜盤目も様々な生物が誕生したが、鳥類のみが約6600万年前の恐竜絶滅の際にも絶滅を免れ、今に至っている。このため、恐竜の生き残りとすることもある。

特徴
進化の系統

竜盤目まで

†は絶滅。

竜盤目にも様々な生物の化石が見つかっているが、始祖鳥や孔子鳥といった古代生物から現生鳥類の祖先にあたる真鳥類までを鳥群(Avialae)とし、このうち真鳥類から現生鳥類が誕生したと考えられている。


竜盤目から下位

コエルロサウルス類にはティラノサウルス科なども含まれているため、つまり系統樹を遡れば、現生鳥類とティラノサウルスは共通の祖先を持っており、遠縁の親戚関係にあたる。†は絶滅。

鳥類の特徴

主な特徴は次の通り。

発生生物学
血液型

鳥類は爬虫類から進化した。爬虫類にはA型、B型、AB型があるとされるが、鳥類にはABO式血液型は存在しないとされる。

性染色体

鳥類の性決定様式はメスヘテロ型である。

卵の殻

鳥類は硬い卵の殻を獲得した陸棲の爬虫類より進化したため、同様に卵は硬い殻を有している。

腎臓

後腎を有する。

脊椎動物腎臓前腎中腎後腎があり、発生学的にはその名の通り前腎・中腎・後腎の順に生じ、後のものができると前のものが退化する。

両生類の頃は中腎が機能していたが、爬虫類になると中腎は退化し、後腎が機能するようになった。爬虫類から進化した鳥類は、その特徴を引き継いだ。

爬虫類の頃に、アンモニア尿酸に変換する尿酸排出を獲得し、無駄に水分を失わずにアンモニア排出を可能として陸上生活に適応した。爬虫類から進化した鳥類は、この方法を受け継いでいる。

リンク
用語の所属
生物
関連する用語
爬虫類
恐竜

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic