通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品
6809
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:ろくはちまるきゅう
外語:6809
品詞:商品名

Motorolaの開発した8ビットマイクロプロセッサー

目次
概要

同社の旧製品6800に、命令やレジスターを追加し改良したもの。

6800の強力なアドレッシングモードを引き継いでいる。

この機能を利用し、8ビットマイクロプロセッサーにも関わらずOS-9というマルチユーザーマルチタスクオペレーティングシステムを動作させることができる。

そのようなところから、「究極の8ビットマイクロプロセッサー」などとも評されている。

仕様
改良点

従来のA・B・Xレジスターに加え、インデックスレジスターY、スタックポインターS、Uレジスターが増えている。

また、二つある8ビットのアキュームレーターを連結し、16ビットアキュームレーターDとして使うこともできるようになった。

更に、8×8の無符号乗算を11クロックで処理できるのも特徴。この当時としては驚愕に値する機能である。

レジスター構成

6809のレジスター構成は次の通りである。

AB
X
Y
U
S
PC
DPCC
CCレジスター

CCレジスター、いわゆるフラグレジスターは8ビットであり、次のような構成になっている。

アドレッシング

6809にあるアドレッシングモードは次の通り。

ニーモニック

6809にあるニーモニックは次の通り(アルファベット順)。

補足
難点

6809は6800の上位互換拡張という都合から、機械語が汚ないという問題を抱えていた。

拡張部分の機械語には一貫性がなく、SレジスターとUレジスターで命令長が違う命令(LD命令など)があったりもした。

普及と衰退

同時期のZ80と共に8ビットパソコン全盛期に多く採用された。日本では富士通のFM-8、FM-7/77/NEW7、日立製作所のBasicMaster LEVEL-3などに搭載されている。

Z80と同様に制御分野にも利用されたが、8ビットであるが故、消滅は時間の問題である。パチンコ台制御用マイコン等への使用例がある。

日本のアーケードゲームでは、かつてのナムコが好んで使っていた。マッピー、ドルアーガの塔の塔、System 1基板等では単品で使われ、リブルラブルでは6809+68000で使われた。

ちなみにリブルラブルはメインCPUが6809であり、68000はグラフィック処理用のサブプロセッサーだった。

SEX

余談であるが、このマイクロプロセッサーのアセンブリ言語にはSEXという命令が存在する。

これは8086での「CBW」命令に相当するもので、符号付き8ビット値を符号付き16ビット値に拡張する命令である。

リンク
用語の所属
マイクロプロセッサー
8ビットマイクロプロセッサー
Motorola
関連する用語
6800
6502
Z80
8086

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic