通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > ARM系 > アーキテクチャー
ARM Cortex-M3
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アーム-コーテクス-エムスリー
外語:ARM Cortex-M3
品詞:名詞

ARMv7命令セットのARMv7-Mプロファイルに準拠した、ARMにより設計されたプロセッサーコア。ARM Cortexのうち、Cortex-Mシリーズの一つ。

目次
概要

ARM Cortex-M3のコンセプトは、リアルタイムアプリケーション向けのプロセッサーコア、となっている。

マイクロコントローラー、乗用車、工場制御、無線ネットワーク、センサーといった各種のシステム向けである。

命令は「T32(Thumbステート)」のみ対応し「A32(ARMステート)」には対応しない、割り切りの仕様である。その代わり、Thumb-2命令としてハードウェア整数除算命令(SDIVおよびUDIV)が搭載されている。

また、ARMv7-Mの特徴であるハーバード・アーキテクチャーでセキュリティも高い。

特徴
仕様
割り込み

Cortex-M3は、RTOSで利用しやすいように割り込み周りに工夫があるのが特徴的である。

優先度設定と、最大で240個のシステム割り込みを処理できる割り込みコントローラーが搭載されている。

製品例

様々な製品がSoCとしてARM Cortex-M3コアを含んでいる。

リンク
関連するリンク
http://www.arm.com/ja/products/processors/cortex-m/cortex-m3.php
用語の所属
ARMアーキテクチャ
ARM Cortex
ARMv7-A
M3
関連する用語
Krait

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic