通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 酵素
GPT
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:ジーピーティー
外語:GPT: Glutamic Pyruvic Transaminase
品詞:名詞

血清酵素の一つで、グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ。以前はALTとも呼ばれていたが、徐々にGPTに変わりつつある。ALT(GPT)やGPT(ALT)などの併記がよく見られる。

目次
情報
概要

GPTは肝細胞、心筋、赤血球など多くの組織に含まれているが、中でも肝細胞に多く存在する。

何らかの理由で肝細胞が破壊された場合、血中GOTレベルが顕著に上昇するため、これらを判断する指標として有効とされる。健康診断血液検査などでも検査の対象となっている。

健康診断では、5〜45IU/l 程度が基準である。

同様の酵素であるGOTとの違いを見て、肝臓の症状を判断することができる。

リンク
用語の所属
酵素
関連する用語
健康診断
GOT

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic