通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
HbA1c
辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:ヘモグロビン-エイワンスィー
外語:HbA1c
品詞:名詞

ヘモグロビン(Hb)と葡萄糖が結合したグリコヘモグロビンのうちの一つで、糖尿病と密接な関係を有すると考えられているもの。

目次
概要

ヘモグロビンは赤血球中に大量に存在する蛋白質であり、体中に酸素を運搬する働きを有する。

赤血球の寿命は約120日(4ヶ月)とされ、その間、体中を巡るうちに血管内の葡萄糖と結びついていく。高血糖である、つまり余った糖が多い状態であるほど結びつきが増え、グリコヘモグロビンHbA1cの量も増えることになる。

検体検査においては、血液学的検査のうち「D005 血液形態・機能検査」に分類されている。検査料は49点である。

特徴
糖尿病

HbA1c値は、赤血球の寿命の半分程度、つまり過去2ヶ月ぶん程度の血糖値の平均が反映される。

従って、血液検査でHbA1c値を調べると、過去2ヶ月程度の血糖の状態を知ることができる。

糖尿病

HbA1cの正常値は次の通り。JDS値は古い方法で、現在はNGSP値である。

日本の古い指標JDS値では6.1%、現行の国際標準NGSP値で6.5%を超える場合、糖尿病が強く疑われる。

古い検査結果と見比べる場合、次の方法でJDS値からNGSP値を求められる。

NGSP値=1.02×JDS値+0.25

リンク
用語の所属
検体検査
血液学的検査
関連する用語
糖尿病
健康診断

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic