通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > 技術用語
LPC
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:エルピースィー
外語:LPC: Low Pin Count
品詞:名詞

Intelによって設計された、オンボードのバスインターフェイスの一つ。

目次
概要

ISAバスのサブセットで、オンボードの半導体デバイス同士を接続するために使用される。

いわゆるレガシーデバイスと、PCHなどいわゆるサウスブリッジとを接続するために使用される。デバイス マネージャーの接続別表示では、PCIバスの下にぶら下がって「<チップセット名> LPC Interface Controller」と表示される。

特徴
目的

PC/AT互換機では、従来との互換性を維持するために今もレガシーデバイスが残存する。具体的には、シリアルポートパラレルポート、PS/2キーボード、PS/2マウスフロッピーディスクコントローラー(FDC)といったものがある。

従来はISAバスに繋がっていた。本来ならば、レガシーでないもの、具体的にはUSBなどに移行するべきではあるが、レガシーも需要があり、いきなり削ることは難しかった。

そこでこの過渡期に利用するべく、これらを、少ない信号線数で利用できるように設計したバスがLPCである。マザーボードからISAを除去することを目的としたバスである。

従って、オンボードでの利用が前提であり、外部に出力するためのコネクターなどは規定が無い。

仕様

ISAは8.33MHzで動作する16ビットバスだった。

LPCは、クロックを4倍の33.3MHzで動作させる代わり、バスの本数を1/4とした。

結果、LPCは双方向データバス4本と、最低3本の信号線の計7本で済み、基板上の実装が楽になった。

主なデバイス

実際には、様々なレガシーが、直接LPCに接続されているわけではない。レガシーなものはLPCの機能を持たない。そこで、これらのレガシーに対応する「スーパーI/O」と呼ばれるLSIが使われており、これがLPCに接続されている。

つまり、OSからLPCに繋がって見える各レガシーは、「スーパーI/O」経由で外に出ていることになる。

Q67のとあるシステムでは、デバイス マネージャーで、LPCに次のようなデバイスがぶら下がっていることが確認できる。

この他、ASUSのとあるICH8/ICH8Rシステムでは、次のようなデバイスも確認できた。

システムによっては、更に異なるものが繋がることもあるだろう。

リンク
関連するリンク
http://www.intel.com/design/chipsets/industry/lpc.htm
用語の所属
バス
関連する用語
ISA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic