通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > ロケットエンジン
SRB-A2
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エスアービーエイトゥー
外語:SRB-A2: Solid Rocket Booster-A2
品詞:固有名詞

固体ロケットブースターA2。SRB-Aの改良として、H-IIA204用に開発されていた固体ロケットブースター。後にSRB-A改良型に統合された。

目次
仕様
主要諸元
性能

計画値では、次の性能を実現させることになっていた。

特徴
改良点

H-IIA204は固体ロケットブースターを4基搭載するため、それに適した推力特性に変更する。つまり推進薬の燃焼速度を抑えて加速度を抑え、燃焼時間を長くする。

そして更なる信頼性向上のためにノズル形状を変更する。具体的にはコニカルノズルからベルノズルに変更し、スロート出口径を拡大する。これにより、局所エロージョン対策、スロート出口圧力の低減が実現できるとされる。

SRB-A改良型への統合

2003(平成15)年4月15日にプロトタイプモデル(PM)地上燃焼試験が行なわれ、ほぼ計画値通りの性能が確認された。

2003(平成15)年12月に認定型試験が計画されていたが、2003(平成15)年11月にH-IIAロケット6号機の打ち上げでSRB-Aの分離失敗事故が発生した。このためSRB-A改良型の開発が必要となり、もってSRB-A2の開発はSRB-A改良型へと統合されることになった。

資料
開発中資料

JAXAが2003(平成15)年4月18日に、SRB-A2のプロトタイプモデル(PM)地上燃焼試験を種子島宇宙センター固体ロケット試験場において実施した。

実験結果は次のとおり。


実験条件

実験結果
リンク
関連するリンク
エンジン燃焼試験
用語の所属
H-IIAロケット
H-IIA204
固体燃料ロケット
SRB-A
A2
関連する用語
SRB-A改良型
SRB-A3

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic