通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > H-IIA
H-IIA204
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥーエイ-にーゼロよん
外語:H-IIA204
品詞:名詞

H-IIAロケット標準型のファミリー仕様(機体識別名称)の一つ。

目次
仕様

204は、次の仕様を意味する。

SRBは左右前後に各2本、計4本が取り付けられる。

性能

静止トランスファ軌道投入能力は5.8トン、低軌道投入能力は約15トン。

特徴
目的

現行のH-IIA2024と比べて性能の向上を図り、またアメリカ製部品(SSB)を使わずに済み国産化率を高めることを目的とした。

SRB-Aには、4本束に対応するSRB-A改良型を使う。SRB-A改良型の価格は不明だが、少なくともSRB-A改良型を4本使用する(202xに対して2本追加する)方が、2024のようにSSBを4本付けるよりは安価と考えられるので、低価格化にも貢献すると思われる。

開発

SRB-Aを2本追加するが、これまでの経験を生かすため、その飛行パターンをH-IIA2024に近づけることを目標とした。

主な改修項目は次のとおり。

  1. 4本のSRB-A改良型を装着するため、第一段コア機体の構造体(液体水素タンク及びエンジン部)の強度向上と取付部の追加
  2. 飛行中の動圧と機軸方向加速度をH-IIA202Xと同等にするため、SRB-Aの推力パターンを最適化する

強度向上(板厚増加)はH-IIAロケット9号機で既に成功している。

推進系艤装(ぎそう)変更も同様に9号機で既に成功している。

SRB-A改良型は7号機から10号機までで使われており、H-IIA204の11号機ではこれを初めて4本使用した。

該当するロケット

ETS-VIII(技術試験衛星VIII型)型を打ち上げたH-IIAロケットが、この構成となった。

リンク
関連するリンク
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h2a/design_j.html
関連する技術
H-IIAロケット
構成する部品
LRB
SRB-A改良型
SSB

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic