通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > 動作仕様
TrustZone
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:トラストゾーン
外語:TrustZone
品詞:名詞

ARM標準のセキュリティ技術。

目次
概要

TrustZoneでは、CPUの動作モードを「Normal World」と「Secure World」とに分けている。

Secure WorldではSecure OSが動作し、この上でアプリケーションが動作する。安全性が重要視されるデータについては監視モード下であるSecure Worldに置かれる。

また、メモリーのほか、キーや画面などのペリフェラルへのアクセスについても、おのおのにセキュア属性を持たせることで、セキュアでない動作からのアクセスが生じた時には例外を発生させることができる。

これにより、情報を盗み取ろうとする悪質なソフトウェアがあったとしても、情報へのアクセスを防ぎ、セキュリティを高めることができる。

特徴

ARM Cortex-Aプロセッサーなどに標準搭載されている。

リンク
用語の所属
ARMアーキテクチャ
TZ
関連する用語
T32

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic