通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 現象
p過程
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ピーかてい
外語:p-process
品詞:名詞

元素合成の過程の一つで、超新星爆発の際に生じると仮定されているもの。

目次
概要

より重い原子核核融合で作ることができず、これらはs過程r過程などで中性子捕獲により作られている。

しかしこの宇宙には、陽子過剰核、つまりs過程やr過程で作られるよりも陽子の多い原子核(原子番号の大きい元素)が少なからず見られ、この起源を説明するために陽子(proton)に富んだ過程の存在が予想されている。

特徴

p過程そのものは、他の過程で作られた元素の光分解、あるいは原子核から中性子をはじき出したり、中性子を陽子に変化させたりするものと考えられる。

超新星爆発過程、特に重力崩壊を伴うII型超新星において、重力崩壊で中性子の密度が高まるがニュートリノも大量に放出され、これによって弱い相互作用により中性子陽子に変化する。この変化は、p過程に必要な条件を満たすために良い反応と考えられている。

しかしこれでも説明できない陽子過剰核が多数(例えば92Mo、94Mo、あるいは96Ru、98Ru)あり、これらを説明するためにさらにrp過程(速い陽子捕獲過程)が発案された。

リンク
用語の所属
元素合成
関連する用語
s過程
r過程
rp過程

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic