通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > 物理フォーマット規格
サブコード
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:サブコード
外語:sub code
品詞:名詞

CDセクター内にある領域で、音楽信号とは独立して各セクター毎に存在する8ビットの領域のこと。それぞれP〜Wと名前が付けられている。

目次
概要

各セッションごとに、リードイン・データ領域・リードアウトとあるが、その全領域にサブコード領域はある。そして、それぞれで異なる用途に使われている。

例えば、TOCはリードイン中のQサブコード中にある。

特徴
Pサブチャンネル

Pサブチャンネルは、トラックの頭出し用に使う。

トラック間の無音部分が1、それ以外を0とする。

現在では殆ど使われていないが、これを目印に頭出しをすることも可能である。

Qサブチャンネル

Qサブチャンネルでは様々な情報の保持を行なう。フレーム単位で情報を持ち、フレーム毎に計98ビットある。

構成は、次の通り。

S0・S1はサブコーディング・フレームの一部、CONTROLはそのフレームに含まれるデータの種類を表わすコード、ADDRESSは続くDATA領域のデータの種類、最後のCRCでQサブチャンネルの誤り検出を行なう。

音楽CDではADDRESSに0001、0010、0011が使われるが、このうち0001がよく使われる。リードイン中に置かれたこのデータを「TOC」という。

R〜Wサブチャンネル

R〜Wサブチャンネルは様々な拡張機能用に予約されている。

リンク
関連する用語
TOC
リードイン
リードアウト
CD-DA
CD-MIDI

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic