通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > アプリケーション規格
CD TEXT
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:スィーディーテクスト
外語:CD TEXT
品詞:名詞

CDに、音声データのほかに文字情報を格納したもの。

目次
概要

全ての仕様は、規格書「レッドブック」で規定されているが、レッドブックはコンフィデンシャルであり公開されていない。

ソニーによって提唱され、1996(平成8)年にCD-DAの規格書レッドブックに追加された。

特徴
技術

アルバムタイトル・各トラックの曲名やアーティスト名などの文字情報を、リードイン領域内のTOC部分のR〜Wサブチャンネルに格納する。

半角英数文字で約6,000字、漢字(全角文字)で約3,000字が格納でき、この範囲内であれば最大で8言語までの情報を含めることができる。日本語の場合は符号化にシフトJIS(Shift_JIS)が使われている。

言語名はISO 639(ISO 639-1の2文字コード)が使われるようである。英語(en)はASCIIで記述するが、日本語(ja)の場合は英数字もいわゆる全角で書く必要があるらしい。

共存

使用するのがリードインのTOC部分のサブコードであるため、それ以外の領域のサブコードを使う規格と共存できる。

例えば、CD-GCD ExtraCD-MIDIなどは各トラックの領域を使用しているため、CD TEXTと共存可能である。

対応

CD TEXTに格納されている文字情報を利用するには当然ながら対応したCDプレイヤーが必要になる。

一方、音楽などはこれまでの(未対応の)CDプレイヤーでも全く問題なく再生できる。

リンク
用語の所属
CD
関連する用語
CD-DA
レッドブック
シフトJIS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic