通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > 物理フォーマット規格
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > 関連用語
TOC
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ティーオウスィー
外語:TOC: Table Of Contents
品詞:名詞

CD/LD/ミニディスクなどの光ディスク媒体で採用されている、クラスター管理方法及び、その管理領域の名称。

目次
概要

これらのディスクは、内周部から外周部に向けて情報が格納される。

データは、リードイン・データ・リードアウトの順に格納される。

TOCはそのうちの最内周部のリードイン中にあるQサブチャンネルに書き込まれている。

特徴
仕様

これらディスクでは、データは全て約2秒(2cBeat)単位のクラスターで管理され、トラックごとのクラスターのつながりや、曲タイトル等を格納する場所としてTOC管理領域が利用されている。

CD-Rなどのマルチセッションの場合、セッション毎に新たにTOCが必要になる。一つのTOCで13.5Mバイトもの容量を消費するので、何度も追記するような使い方をすると、かなり容量が無駄になる。ゆえに大量にため込んだデータを一気に書き出すような用途に向いているといえる。

データ構造

取得方法

TOCを得る方法は幾つかあるが、セッション情報を含めた詳細なTOCを得るには、READ TOC/PMA/ATIPコマンド(FORMAT=0010B)がよく使われる。

この方法では、4バイトのヘッダーに加え、1トラックが11バイトからなるデータ群が得られる。


ヘッダ

ヘッダーは常に4バイトである。ビット7がMSB、ビット0がLSBとする(以下全て同様)と、次のようになる

 76543210
0TOCデータ長
1
2開始セッション番号
3終了セッション番号

データ基本構造

DATA領域の内容は11バイトからなる。実際にCDのQサブチャンネルに書かれているのは、ADR以降の9バイトである。

 76543210
0セッション番号
1ADRCTRL
2TNO
3POINT
4MIN
5SEC
6FRAME
7ZERO
8PMIN
9PSEC
10PFRAME

基本的には、POINTがトラック番号(1〜99)であり、各トラックの情報が含まれる。

それ以外に追加の情報を格納するため、POINTが0xA0以上として、様々な情報が格納される。


トラック情報

トラック情報は、次のような値になる。


最初のトラック情報(0xa0)

POINT=0xa0のデータは、最初のトラックの情報である。


最終トラック情報(0xa1)

POINT=0xa1のデータは、最終トラックの情報である。


リードアウト情報(0xa2)

POINT=0xa2のデータは、リードアウトの情報である。

リンク
用語の所属
CD
LD
ミニディスク
関連する用語
リードイン
リードアウト
サブコード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic