通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ハードウェア > 電源供給
セルフパワー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:セルフパワー
外語:self power
品詞:名詞

ACアダプターを使用するなどで、自前(self)で、電源(power)を調達供給するもののこと。

目次
概要

ACアダプターや、機器に内蔵された電源回路を利用してAC100Vなどの電源を引きこみ、自力で電源を調達する機器のこと。

特に、USB HUBで、この表現が多用される。

対義語はバスパワー

特徴
USB HUB

USB 1.1およびUSB 2.0では、ケーブルあたり最大で+5V 500mAを供給する。

USB HUB自体は、パーソナルコンピューター等から最大で+5V 500mAを得ることができる。しかし、複数のポートに電源を供給することになると、得た電流以上の電流を供給することができない。

そこで、ACアダプター等を利用し、各ポートに最大で+5V 500mAを供給できるようにする。これがセルフパワーである。

USBの仕様上、セルフパワーではVBUS+5V(4.75V〜5.25V)を供給するとしている。

USB機器

USB機器のセルフパワーとは、USBを使ってパーソナルコンピューター等と接続をするが、電源をUSBに依存しないものをいう。

大きな電流が必要な装置では、自前で電源を得て、USBは通信のみに用いる。

リンク
関連する用語
USB HUB
バスパワー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic