通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > 関連用語
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > DVD > 関連用語
リッピング
辞書:電算用語の基礎知識 計算機技術用語 (TCYOGO)
読み:リッピング
外語:ripping
品詞:さ変名詞

剥ぎ取ること。CD-DA(音楽CD)やDVD-Videoなどから、音楽や映像を取り出すことを言う。

目次
概要

CDやDVDに格納された情報をパーソナルコンピューターなどにファイルとして読み出すには、専用のツールが必要になる。そのようなツールを一般にリッパーまたはリッパーソフトという。

なお、こうして得られた音楽や映像のデータをネット等で配布すると著作権法違反(公衆送信権の侵害)という重い犯罪になるので、決してしてはならない。個人的に楽しむに留めるべきである。

特徴
CD-DA

CDの音声情報もディジタルのデータではあるが、CD-ROMに格納されたデータとは形式が異なり、ファイルの形式にはなっていない。

従って、パーソナルコンピューターからCDを参照しても、ファイルをコピーするように簡単にはトラックを抜き出すことはできない。

リッパーを使用してCDから音楽情報を抜き出すと、通常は、16ビット、44.1kHz、ステレオ、PCM形式のWAVファイルが作られる。これがCDに記録された音楽の正体である。

なお、リッパーに圧縮する機能などがあれば、これがmp3などになって出て来たりもする。

DVD-Video

DVDはCDと違いプロテクト(CSS)が掛けられているので、そう簡単には映像が抜き出せないはずだった。しかし程無くしてこのアルゴリズムもクラックされ、無事に抜き出せるようになりDVDは普及したのである。

リッピングから可視聴形式への変換までの手順は、概ね次のようになる。

  1. SmartRipperなどを使ってリッピング(マクロビジョン解除、CSS解除、リージョンフリー化)
  2. DVD2AVIなどで、上で得られたVOBファイルからD2VとWAVを作る
  3. AviUtlビデオコーデックを使い、D2V+VOBからMPEG-4で圧縮したAVIを作る
  4. SoundEngine Freeなどで、WAVの音量を適当に上げる
  5. 午後のこ〜だなどでWAVをmp3に圧縮する
  6. VirtualDubなどで上のAVIとWAVを連結し、一つのAVIとして完成させる

字幕の情報も欲しい等の場合は、また別途、それなりのソフトウェアが必要で、最終形式もAVIではなくMatroskaなどにする。

リンク
関連する用語
リッパー
CD
DVD-Video

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic