通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様
静的変数
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:せいてきへんすう
外語:static variable
品詞:名詞

関数クラス、あるいはブロック内で宣言/定義され、その範囲を終了しても値を保持しつづける変数。スタティック変数。

目次
概要

例えば関数が始めて実行された時に変数が確保され、その関数が終わっても内容は消えず、次回以降その関数に来たときにその値が継続して利用されるもの。

C/C++JavaC#などでは、staticを付けて宣言された変数をいう。

staticを付けずに宣言された変数は自動変数(あるいはローカル変数)といい、これはスタックに確保される。一方、静的変数は永続的に記憶するためヒープに確保される。

特徴

static変数をインクリメントして結果を表示する関数を3回呼び出す例。

#include <stdio.h>
hoge()
{
    static int fuga = 0;
    printf("%d\n", fuga);
    fuga++;
}
main()
{
    hoge();
    hoge();
    hoge();
}

この例の場合、関数が最初に呼ばれた時に静的変数の内容を0に初期化するが、2回目以降は初期化しない。

したがって、実行結果は、以下のようになる。

> ./a.out
0
1
2
>

もし仮にstaticを消して実行すれば、変数fugaは毎回0に初期化されるため、実行結果は3回とも0になる。

リンク
用語の所属
変数
関連する用語
静的メンバー変数

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic