通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Unix > BSD
386BSD
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:さんはちろく-ビーエスディー
外語:386BSD
品詞:商品名

4.3BSD Net/2を基に、ジョリッツ夫妻により作られた、初期のBSD

目次
概要

ウィリアム・フレデリック・ジョリッツ(William Frederick Jolitz)と、その妻リン・グリア・ジョリッツ(Lynne Greer Jolitz)によって作られた初期のBSDである。

4.3BSD Net/2はオープンソースのフリーソフトウェアであったが、そのままでは機能が不足していたため、i386で動作させるために必要な機能を追加し、386BSD-0.0として公開された。これが広く使われるようになった。

しかし386BSD-0.1以降は開発が滞り、袋小路となったことから、ここから新たなフォークとしてFreeBSDNetBSDが産まれた。

特徴
公開禁止

BSDはAT&T UNIXの派生であったが、AT&Tはこれがフリーソフトウェアとして無料配布されることが面白くなかった。

そこでAT&TのUNIX Systems Laboratories(USL)が、BSDを開発したカリフォルニア大学バークレー校に対して訴訟を起こした。

結果、4.3BSD Net/2は公開禁止となり、これが元となっている386BSDも公開することができなくなった。

MacBSD

Motorola 68000をCPUに用いる初期のMacinosh用BSDとして、この当時、i386用ポートと同様に4.3BSD Net/2を基にしたMac用ポートMacBSDが開発されていた。

4.3BSD Net/2に不足する部分は386BSD-0.1が使われていたが、386BSDの開発が滞ったことから、MacBSDはNetBSD/mac68kとしてNetBSDのポートとなった。

リンク
用語の所属
BSD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic