通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > アプリケーション規格
CD-ROM/XA
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:スィーディーロム-エックスエイ
外語:CD-ROM/XA: CD-ROM eXtended Architecture
品詞:名詞

CDのアプリケーション規格の一つで、CD-ROMの上位規格の一つ。

目次
概要

全ての仕様は、規格書「イエローブック」で規定されているが、イエローブックはコンフィデンシャルであり公開されていない。

PhilipsソニーMicrosoftによって策定された規格で、CD-Iマルチメディア機能を通常のパソコンで使用できるようにした、CD-Iのサブセット規格である。

特徴

CD-Iからオペレーティングシステムマイクロプロセッサーの規定を外したもので、CD-I相当の機能をCD-ROMで実現しようというもの。電子ブックプレイヤーでEB-XAマークのソフトが再生出来る物がこれに該当する。

ディスクのセクターフォーマットはCD-Iと同一。ADPCMで音声を扱うことも同じ。そのため、CD-ROM/XAのソフトをCD-Iのプレイヤーで再生することができる。

画像は640×480(VGA)または320×200ドットが使用される。

リンク
用語の所属
CD
XA
関連する用語
CD-ROM
CD-I
EB-XA
イエローブック

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic