通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 家電 > 映像機器 > ビデオ装置(テープ) > VHSシリーズ
D-VHS
辞書:電算用語の基礎知識 技術製品名編 (TTPROD)
読み:ディー-ヴィーエイチエス
外語:D-VHS: DATA VHS
品詞:名詞

VHSS-VHS上位互換のディジタルビデオ規格。

目次
概要

1995(平成7)年に発表された。

VHSと同じ1/2インチ(1.27cm)幅のテープを使い、従来のアナログ放送に加えて、ディジタル放送の録画・再生に対応した。ディジタル録画はMPEG-2 MP@MLを利用して、DVDと同等の画質を実現する。

特徴
機能

D-VHSビデオデッキは、ディジタル放送(ディジタル・ビットストリーム情報)は情報をそのままテープへ記録し、再生時はストリーム情報をそのままの状態で出力端子(IEEE 1394など)に出力する。スクランブル情報も含め一切のデータに手を加えないのがD-VHSビデオデッキの特徴である。

ハイビジョン放送をハイビジョン画質のまま、ディジタル放送をディジタル情報のまま録画・記録可能という意味で、従来のVHSやS-VHSとは全くの別物であるといえる。VHS→S-VHSは画質向上が目的だったが、S-VHS→D-VHSはディジタル化が主たる目的となっている。

なお、アナログの放送や映像は、MPEG-2でディジタル化してテープに記録していた。

互換性

従来のVHSビデオデッキやS-VHSビデオデッキで録画したテープは、D-VHSビデオデッキであっても問題なく再生可能。

D-VHSビデオデッキでの録画でも、旧テープ(VHSテープとS-VHSテープ)にアナログ録画したものは、従来のVHSビデオデッキやS-VHSビデオデッキで問題なく再生可能である。

テープ

種類

使用できるテープは、次の三種類である。

VHSテープとS-VHSテープには、(テープの性能のため)D-VHSビデオデッキであっても従来通りのアナログ録画しかできない。ディジタル録画には、D-VHSテープが必要である。


D-VHSテープ

D-VHSテープは、D-VHSビデオデッキ用でディジタル録画するために開発されたもので、ディジタル録画をするためには必須となる。

従来のVHSビデオデッキやS-VHSビデオデッキでも、D-VHSテープをアナログ録画用の高級テープとして使うことが可能で、またD-VHSビデオデッキでD-VHS用テープにS-VHSアナログ録画することも可能である。

アナログ録画した場合は従来のVHSビデオデッキやS-VHSビデオデッキでも再生可能だが、D-VHSの機能は全く生かされない。D-VHS録画したものは当然、従来のVHSビデオデッキやS-VHSビデオデッキでは再生できない。

記録モード

D-VHSとしての記録モードは大きく三種類ある

ロースピード(LS)モードは次の4種類ある。

それぞれで時間録画が可能になるが、その分画質は低下する。

テープ速度は標準時16.67mm/s、高速時は倍の:。録画時間は33.35mm/sメディア(50.7GB)を利用することで、標準時8時間、高速時4時間、低速時はLS7モードで最大56時間まで録画できる。

リンク
用語の所属
ディジタルビデオ
ビデオデッキ
関連する用語
デジタルハイビジョンビデオ
W-VHS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic