通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 家電 > 映像機器 > ビデオ装置(テープ) > VHSシリーズ
S-VHS
辞書:電算用語の基礎知識 技術製品名編 (TTPROD)
読み:エスヴィーエイチエス
外語:S-VHS: Super VHS
品詞:商品名

家庭用ビデオテープ及びビデオデッキの標準規格の一つ。

目次
概要

従来のVHSと同サイズのテープを利用し、さらに画質を高めた規格。VHS 10周年の1987(昭和62)年に発売された。

S-VHSは、ハイバンドβと同様の手法で輝度信号記録帯域を5.5MHzへと高めた。基本的にはこれだけで、色度信号については何も手を付けていない。これにより水平解像度が400本以上となった。

特徴
テープ

使用できるテープは、次の2種類である(S-VHSより後に登場したものは省略する)。

S-VHSテープのカセットの裏には認識穴があり、それを用いてビデオデッキが自動的にS-VHSテープを認識し、録画することが可能。

このS-VHSテープは従来のVHSビデオデッキでの使用も考慮されており、その場合は相性があるものの、高級VHSテープとして使用することができる。

S-VHS 簡易再生

S-VHSで録画したものは、S-VHSビデオデッキ(および後継のD-VHSビデオデッキなど)でしか再生できない。

その後、従来のVHSでもS-VHS録画されたテープをVHS並の画質で簡易再生する機能「SQPB」(S-VHS簡易再生)が搭載された。

S-VHS ET

ノーマルのVHSテープにS-VHS信号を記録するS-VHS ET技術も登場した。

S-VHS ET対応のS-VHSデッキで、VHSテープ使用時に、この記録方法が使用できた。

後継
リンク
用語の所属
ビデオデッキ
関連する用語
VHS
S-VHS ET
SQPB
Hi8

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic