通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 家電 > 映像機器 > ビデオ装置(テープ) > VHSシリーズ
W-VHS
辞書:電算用語の基礎知識 技術製品名編 (TTPROD)
読み:ダブリュー-ヴィーエイチエス
外語:W-VHS
品詞:名詞

ハイビジョン(HDTV)記録が可能な、家庭用ビデオテープ及びビデオデッキの標準規格の一つ。

目次
概要

従来のVHSと同サイズのテープを利用し、さらに画質を高めた、S-VHSの上位互換規格。

アナログ記録方式でハイビジョンに対応したが、普及することなく、後に登場したディジタル式のD-VHSに置き換わるように市場を去った。

特徴
テープ

ハイビジョン(HTDV)記録は、次のテープで可能である。

通常のS-VHSテープが酸化鉄塗布型テープであるのに対し、W-VHSテープはメタルテープを用いる。カセットの形状は同じでも、中のテープが全く別物である。

録画

ハイビジョン

ハイビジョンの記録はMUSEではなくベースバンド記録方式であり、サブセットのMUSEデコーダー程度の性能しかない。静止画の高画質機能までの範囲はカバーしていない。

なお、ハイビジョンは輝度/色差が22MHz/7MHzで、MUSEで動きのある時には12MHz/2MHzであるが、W-VHSは圧縮せずにアナログ記録で13.3MHz/4MHzとなる。


NTSC方式

従来のNTSC方式をW-VHSテープに記録する時は、SD記録と呼ばれる3倍モードのようになるが、それでも画質的にはS-VHSを上回っていた。

また、S-VHSテープでNTSC記録再生を行なうことも可能だった。

リンク
用語の所属
ディジタルビデオ
ビデオデッキ
関連する用語
デジタルハイビジョンビデオ
S-VHS
D-VHS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic