通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 画面
ハイビジョン
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送用語編 (WBCASTY)
読み:ハイビジョン
外語:HighVision
品詞:名詞

日本における高品位テレビジョンの愛称であり通称。

目次
概要

NHKにより開発された、HDTVの解像度を持った放送である。

従来のアナログ放送であるNTSCの走査線数525本に対し、1000本を越える高精細な放送として開発された。

なお、「ハイビジョン」というのは日本の規格であって、アメリカのものはハイビジョンとはいわない。

特徴
アナログ時代

放送は、地上波では困難だったことから、まずアナログ方式ハイビジョンが、BSによる衛星放送の開始と共に1989(平成元)年より開始された。

これは、MUSEという伝送方式を用いていた。

ディジタル方式

2000(平成12)年よりディジタル方式のハイビジョンが開始された。従来のアナログ方式のものと区別するために、これをデジタルハイビジョンと呼んでいる。

映像のフォーマット自体は従来と変わらないが伝送方式が全く違い、映像圧縮にMPEG-2 Video、音声圧縮にMPEG-2 AACが使われている。

後継

地デジ化とアナログ放送終了と共に、ハイビジョン技術は日本中に浸透した。

HDTV解像度の次は4K2K、更に先は8K4Kであり、NHKは8K4K解像度を用いた放送技術としてスーパーハイビジョンを計画している。

リンク
関連する用語
デジタルハイビジョン
スーパーハイビジョン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic