通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > 変換・加工 > 圧縮 > ファイル
LArc
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:エルアーク
外語:LArc: LZ(Lempel-Ziv)SS-Archiver
品詞:固有名詞

ファイルの圧縮アーカイブを行なうソフトウェアの一つ。

目次
概要

作者は三木和彦、奥村晴彦、益山健で、圧縮アルゴリズムには奥村晴彦の発案したLZARIが採用されている。

このソフトウェアは、国産アーカイバーとして普及したLHAの原点となるものである。今では圧縮率は高いとは言えないが、それでも下手な圧縮ソフトよりはずっと良い成績をあげている。

特徴
ファイルフォーマット

LArcは独自のコンテナーフォーマットを持っている。

このフォーマットは、LHarc/LHAに引き継がれた。またCP/M用ツールPMarcでもこのフォーマットが使われている。

圧縮形式

LArcでは、圧縮形式(メソッド)は5バイトの文字列で表わされた。後継とも言えるLHAでも同様である。

次のようなものが確認されている。

実際に使われていたのは、-lzs-、-lz4-、-lz5-の三種類である。

派生

LArcフォーマットを用いる、LArcとは異なるメソッドは次の通りである。

リンク
用語の所属
アーカイバー
関連する用語
LHA
圧縮
LZSS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic