通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > ビューアー・プレイヤー > WWW > Mozilla
Mozilla (3)
辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:モジラ
外語:Mozilla
品詞:商品名

Webブラウザーの一つ。「Mozilla」の第三義で、Geckoを用いたもの。

目次
概要

1998(平成10)年3月、Netscape Communicationsは、Netscape Communicator 5.0のソースコードを公開した。

これにより、多機能Webブラウザーのオープンソース開発の道が開かれた。

このソフトウェアには、従来の社内コードネームからMozillaと命名され、mozilla.orgが設立された。

特徴
急展開

しかし、これはあまりにもバグが酷かったため、改善は早々に断念された。

かくして、実際にはCommunicatorのソースは殆ど使われておらず、レイアウトエンジンもGeckoとして新開発されたソフトウェアが、現在、単にMozillaと呼ばれるソフトウェアである。

その後

Mozillaは、Webブラウザーや電子メールクライアントなどの機能が統合された、オールインワンのインターネット統合ソフトMozilla Suiteとして公開されていた。

これは順調に改良された。ここで開発された技術を元に、Netscape Communications社は自社製品としてNetscape 6や7を作成し販売した。

しかしMozilla FoundationはMozilla 1.7.13を最後にその後の開発継続の中止を表明した。

以降はMozilla FirefoxMozilla Thunderbirdに注力することとした。こちらはオールインワンではなく、Webブラウザーと電子メールクライアントは別々となっている。

Mozilla Suiteの開発は別団体に引き渡されることとなり、これは以降、SeaMonkeyとして開発が継続されることとなった。

リンク
用語の所属
Webブラウザー
Mozilla
関連する企業団体
Netscape Communications
mozilla.org
Mozilla Foundation
関連する用語
SeaMonkey
Gecko
Mozilla (2)
Mozilla (4)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic