通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > ソフトウェア > データベース
電子計算機 > ソフト > 開発企業・団体 > アプリケーション
Oracle
辞書:電算用語の基礎知識 技術ソフト製造団体編 (TYORGS)
読み:オラクル
外語:Oracle
品詞:会社名

ソフトウェアのベンダー。社名と同じRDBMSの「Oracle」を主力製品とする。

目次
概要

本社は米国カリフォルニア州。

Larry Ellison会長が時々行なう爆弾発言は業界では有名で、最後は必ずMicrosoft批判になるのはお約束となっている。

特徴

業界では鼻つまみ者企業であるらしく、特に技術者を大切にしない風潮があるようである。

OracleはSun Microsystemsの持つ優れたハードウェアやソフトウェア、特に「Java利権」を欲しており、2009(平成21)年4月20日に遂に買収を成功させるも、元Sunの主要技術者は、Oracleへの嫌悪感を主たる理由として次々と会社を去った。

Java開発者のJames Gosling、同Java標準化組織JCPメンバーDoug Lea、ZFS開発者のJeff Bonwick、XMLの父Tim Brayなど、高名な技術者が退職するだび業界を賑わしている。James Goslingはその後、Googleへと入社した。Google AndroidのJava実装DalvikがOracleのJVMを脅かしている中、今後が注目されている。

また、元Sunのオープンソースコミュニティは完全に壊滅し、続々と代わりのプロジェクトが立ち上がっている。OpenOffice.orgからLibreOfficeに離反、OpenSolarisの終了、MySQLから別プロジェクトがforkと、Oracleの手にかかって以降、SunのOSSプロジェクトはOracleから離反することになった。

リンク
関連するリンク
Oracle Corporation
日本オラクル株式会社
関連する用語
RDBMS
ソフトウェア
OO4O
NC
PL/SQL
Java
Microsoft

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic