通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > ソフトウェア > データベース
RDBMS
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術応用編 (CTAPL)
読み:アーディービーエムエス
外語:RDBMS: Relational DataBase Management System
品詞:名詞

リレーショナルデータベース・マネージメントシステム。

目次
概要

1970(昭和45)年にIBMのエドガー・フランク・コッド(Edgar Frank "Ted" Codd)により考案された「リレーショナル・データモデル」に由来する。

リレーショナル・データモデルは、データの関係によって構造を定義し、その構造の組をまとめて行列として扱ってデータを扱うデータベース管理システムである。

特徴

「RDBMSの定義」は存在しない。実装が、自身がRDBMSであるとすれば、それはRDBMSであると言える。そもそも現状、実用化されている主要な実装は、コッドの発案の全てに準拠しているわけではない。

特に定めは無いが、一般にデータの検索・更新・挿入・削除などはSQLとよばれる構造化照会言語によって行なわれる。

主な実装
商用

様々な製品があるが、Oracle Database、Microsoft SQL Server、Informix Dynamic Serverでほぼ独占状態である。

Oracleは信頼性が高いとされているが、価格はボッタクリである。一方、Microsoft SQL Serverなどは信頼性など期待するほうがどうかしているが、価格は安い。

オープンソース

以前はMySQLが知名度も実績も高かったが、権利を持っていたSun MicrosystemsがMySQLの敵であるOracleに買収されたことで、MySQLは残念ながら終焉を迎えた。

その後、MySQLの作者によってMySQLの直接の後継「MariaDB」が作られ開発が継続している。他にもDrizzleなどの派生がある。

リンク
用語の所属
データベース
RDB
関連する用語
SQL (DB)
Jet
DAO
RDO
ODBC
MDB
リレーションシップ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic