通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > 画像チップ/解像度 > PC/AT関係
SXGA+
辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:エスエックスジーエイ-プラス
外語:SXGA+: SXGA Plus
品詞:名詞

SXGAの解像度を一回り広げたもの。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。SVGAの一つである。

目次
概要

液晶ディスプレイ向けの解像度として作られた。1,400×1,050ピクセル。

特徴

CRTの場合、1,024×768ピクセル(XGA)の次の解像度は、1,152×864ピクセル(XGA+)か、1,280×1,024ピクセル(SXGA)だった。

しかしながら1,280×1,024ピクセルではVGAの640×480ピクセルとアスペクト比が異なるため、液晶ディスプレイの場合では専用に対応したものを設計せねばならないなどの不都合がある。

そこで、上位解像度としてSXGA+という規格を1999(平成11)年からIBMサムスン電子日立製作所が採用。2000(平成12)年からはシャープも採用を開始した。

リンク
用語の所属
画面解像度
グラフィック
SVGA
関連する技術
XGA
SXGA
VGA
UXGA
QXGA
関連する用語
液晶ディスプレイ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic