通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 製品(商品名・型番) > スーパーコンピューター
TSUBAME 2.0
辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:つばめ-にーてんゼロ
外語:TSUBAME 2.0: Tokyo-tech Supercomputer and UBiquitously Accessible Mass-storage Environment 2.0
品詞:固有名詞

東京工業大学 学術国際情報センター(GSIC)のスーパーコンピューターTSUBAMEの後継機として登場した。

目次
概要

2010(平成22)年11月1日10:00(@083)に本稼働開始、この時点で、理論性能として1PFLOPSを超える、日本初の「ペタコン」となった。もちろん日本最速である。

2010(平成22)年11月発表のスーパーコンピューターの演算性能世界ランキング、第36回TOP500で世界第4位にランクインした。

性能は、LINPACKベンチマークでRmaxが1192.00 GFLOPS、Rpeakが2287.63 GFLOPSである。

TSUBAME 2.0は、システム、ソフトウェア、冷却設備、4年間の運用費用等を含めた総費用32億円弱で落札された。このほかに、電源改修などを含めた設置部屋の構築に約2億円、テープ装置に約5000万円を要したとされる。また運用には、電気代が年間1億円程度、サポートのSE費用が年間数千万円程度必要になるとされる。

特徴
構成概要

TSUBAME 2.0は、HPのサーバー機「HP Cluster Platform 3000SL」を使用したPCクラスター型の分散並列型スーパーコンピューターである。

CPU性能もさることながら、比してGPGPU性能を重視した構成になっている。

各ノード

TSUBAME 2.0には、3種類の計算ノードが存在する。

ノード性能

全1442ノード中、その殆どは全ての1408ノードがThinと呼ばれるノードである。計34台ある他のノードは、CPUが若干遅い代わりにコア数が多く、メモリーも大容量が搭載されている。

Thinノードの理論ピーク性能は、計算性能が、CPUは2基合計で153GFLOPS、GPUは3基合計で1545GFLOPS(共に倍精度浮動小数点演算性能)であり、メモリーバンド幅はCPU側が2CPU計で64Giバイト/秒、GPU側が3基計で462Giバイト/秒となる。

これは理論値なので、実際のアプリケーションソフトウェアでこの性能を出すことはできないが、それでも、CPU性能よりGPU性能が重視されていることが分かる。

ストレージ

ストレージ領域用にクラスタ化されたNASと、大規模データ処理用の並列ファイルシステムが用意されている。

ストレージ領域用には、NFSCIFSiSCSIの各プロトコルで接続されたBlueArc Mercury 100(一部GRIDScalar)が採用されている。

並列ファイルシステム領域には、Lustreプロトコルでファイルサーバーに接続される。

この他、テープドライブによるバックアップが可能。

ノード・ストレージ間連結

各ノード・ストレージ間の連結は、フルバイセクションバンド幅の光QDR InfiniBandが採用された。

バイセクションバンド幅(Bisection Bandwidth)とは、通信性能の下限が一定以下に下がらない設計をいう。スパコンは並列機なので、多数の計算ノードはネットワーク接続されるが、各ノードが全力で通信した場合、平均的な実効通信速度はそれだけ下がることになる。「フルバイセクション」ネットワークの場合、いかなる通信をしても下限が一定となるが、構築コストが高いため、スパコンといえども全てで採用されているわけではない。

OS

OSはLinuxであるが、Microsoft Windows HPCも利用できる。

リンク
関連するリンク
http://www.gsic.titech.ac.jp/tsubame2
用語の所属
スーパーコンピューター
関連する用語
東京工業大学

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic