通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > I/F > バス > SASI/SCSI
iSCSI
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:アイ-スクージ
外語:iSCSI: Internet Small Computer System Interface
品詞:名詞

Ethernetインターフェイスでディスクドライブにアクセスできるようにする規格。SCSIのコマンドがTCP/IPに乗って転送される。

目次
概要
機能

ネットワーク向けストレージ(SAN)用のインターフェイスで、EthernetをベースにSCSI信号を転送する方式。Cisco SystemsIBMで開発された。

これにより、WAN上やインターネット上の別のマシンに接続されたSCSIデバイスにアクセスすることができる。

策定

SNIA(Storage Networking Industry Association)のIPストレージフォーラムで規格策定されており、2000(平成12)年11月に草案仕様が公開された。

SAN用インターフェイスの標準化はIETFで検討されており、iSCSIはFCIPと共に検討対象とされている。iSCSIの元になっているSCSIはストレージ装置用規格として業界で標準的であり、ファイバーチャネル技術を前提としたFCIPよりメーカー間で互換性を取りやすく廉価なネットワークストレージ製品を開発しやすいと見込まれている。

特徴
通信

ユーザーまたはアプリケーションがネットワーク上のデバイスに対して要求を行なうと、その命令がOSによって一つまたは複数のSCSIコマンドに変換された上でiSCSIドライバーまたはカードに渡される。

コマンドとデータはカプセル化しiSCSIヘッダーを付加したバイト列に変換され(必要であれば暗号化も行ない)、TCP/IPレイヤーで通常のパケットとして目的のマシンへと送信、そして受信側マシン上で元のSCSIコマンドとデータに復号されiSCSIヘッダーを見て適切なドライブに対してアクセスする、という手順となる。

ポート番号は860/tcpまたは860/udpが使われる。

メリット

既存のアプリケーションは、iSCSIを意識せずに従来通りの方法でアクセスでき、ターゲットストレージの読み書きが可能。

SCSIをネットワーク化したものにSANがある。ファイバーチャネルを使っており、スピードが1Gbpsで、現在のGbEと大差ない。しかし将来的にEthernetは高速化が確実であるため、それを考えると速度面のメリットは大きなものがある。

また、ネットワーク管理者からしても、複数のネットワークを管理するより、同じインフラ上に機器があった方が管理が容易という点もある。

リンク
関連する技術
SAN
SCSI
TCP/IP
Ethernet
FCIP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic