通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > 伝送手法
カプセル化
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:カプセル-か
外語:encapsulation
品詞:さ変名詞

ある通信プロトコルのデータを、別の通信プロトコルのデータとして包み込んで送受信すること。

目次
概要

包み込まれた(カプセル化された)時点で元の機能は一旦失われて単なるデータ列となり、包み込んだ通信プロトコルによってデータは送られる。送られた先で中身を取り出す(カプセル化を解除する)と、元の通信プロトコルの機能を取り戻すことができる。

内部のパケットにある宛て先アドレスなどは、カプセル化が解かれるまでは一切参照されない。これがあたかも、データをカプセルに入れるかのようであることから、カプセル化、と呼ばれるようになった。

別の通信経路を用いて遠隔間を繋いだり(トンネリング)、通信の途中で暗号化したいといった場合に使われることがある。

特徴
暗号化

カプセル化は、VPN技術などでよく使われる。

但し、カプセル化と暗号化は概念の異なるものであり、カプセル化しても暗号化しないようなプロトコルもある(例:L2TP)ので注意が必要である。

利用例

例えば、IPv6に対応した2台のホストA、Bと、それぞれに接続したルーターa、bがあるが、a‐b間のネットワークはIPv4にしか対応していないとする。

A‐B間の通信をIPv6でつつがなく行なうためには、AがaへIPv6で送信したパケットに対し、aがIPv4ヘッダーを付け、IPv4パケットにカプセル化してからbへ送信、bはそのカプセルを解き元のIPv6パケットを生成、それをBに送るという手順となる。このaが行なう操作がカプセル化である。

主な例
リンク
関連する用語
トンネル
トンネリング

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic