通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > 画像 > 動画像
Theora
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:シオラ
外語:Theora
品詞:固有名詞

ビデオコーデックの一つ。データは通常Oggに格納され、これをOgg Theoraと呼ぶ。

目次
情報
概要

後にGoogleに買収されるOn2 TechnologiesのVP3を土台として、非営利団体のXiph.Org Foundationにより開発された、オープンソースビデオコーデック

HTML5における技術候補となっていたが、最終的に不採用となった。

特徴
コンテナー

Theoraはビデオコーデックであり、特に独自のコンテナーフォーマットは持っておらず、通常はOggに格納される。Oggに格納するので、音声コーデックはVorbisが使われることが多い。

古くは拡張子として.oggが使われたが、後に音声や映像など機能ごとに拡張子を分ける方針となり、映像は.ogvが使われている。

ブラウザーでの対応

Mozilla FirefoxOperaGoogle Chrome(Chromium)で対応している。

対抗技術であるITU-T H.264は2011(平成23)年からライセンス料金が生じるためMozilla Firefoxなどのフリーソフトウェアでは対応することができず、HTML5における標準動画形式のWebブラウザー間の隔絶は決定的となっていた。なお、Internet ExplorerもTheoraには対応しないことが表明していた。

HTML5

TheoraはBSDライセンスのオープンソースソフトウェアで、特許上の問題も少なく、ライセンス料が無料となっている。

このためHTML5の策定段階においてはMozilla FoundationやOpera Softwareなどオープンソース界隈からの強い支持があったが、ITU-T H.264を強く支持するAppleNokiaの強い反対があり、最終的に不採用となった。

代わってオープンソースで登場したのは、Googleが買収したOn2 Technologiesの開発したVP8であり、Theoraの元となったVP3から見ても後継技術である。

後継

Theora 1.0の仕様が使われているが、Theora 1.1別名Thusneldaとする後継も存在する。

更なる後継となるTheora 1.2についてはアルファ版が2010(平成22)年に公開されているが、そのまま開発は止まっているようである。

リンク
関連するリンク
http://www.theora.org/
用語の所属
ビデオコーデック
関連する用語
Ogg
Ogg Theora

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic