通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > マザーボード > スロット
電子計算機 > 機器・部品 > I/F > バス > 世代による分類 > 第一世代
VLバス
辞書:電算用語の基礎知識 計算機バス装置編 (TCPERIB)
読み:ヴィーエル-バス
外語:VL bus: VESA Local Bus
品詞:固有名詞

PC/AT互換機用の第一世代拡張スロットの一つ。

目次
概要

パーソナルコンピューター向けグラフィックス機器メーカーの業界団体「VESA」により提唱されたローカルバス仕様で、ビデオカード用として公開されたもの。

ISAまたはEISAスロットのコネクターに附随するように、追加コネクターが付けられている。

つまり、「ISA+VLバス」または「EISA+VLバス」ということになり、このスロットにはVLバスを使わないカードも挿せる柔軟性があったが、対応カードは非常に長くなってしまうという欠点があった。

特徴

i486のCPUバスにほぼ直結するようなものだったが、ビデオカードで使用する分には大きな問題も出ず、それなりにパフォーマンスアップに貢献した。

しかしi486に依存したバスだったため、Pentiumへの移行と共に利用されなくなっていった。

最大転送速度は132Mバイト/秒(114Mバイト/cBeat)で、当時の主流だったISAと比較すると数値上は16倍以上高速だった。

リンク
用語の所属
拡張スロット
VL
関連する用語
ISA
EISA
PCI
AGP
VESA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic